TW03.jpg

TWO WHEELS

MIYAUCHI YURI × NORA COFFEE

movie by 須賀 亮平

TWO WHEELSについて

 

こんにちは。宮内優里です。

 

今回、実験的なカセットテープ作品「TWO WHEELS」をのら珈琲とコラボでリリースさせてもらうことになりました。「TWO WHEELS」はエンドレステープ(※)という特殊な仕様のカセットテープを使った、全て一点物の作品です。とりあえず今回は5本製作しました。

 

テープ一点ずつ左右に2種類の楽器を約5分間、一発録音しています。リズムもなく、ゆるいBGM作品です。ギターやピアノ、シンセサイザーなどから、2種類ずつ選んで録音しています。(どのテープに何を入れたかをちゃんと記録するのを忘れました、すみません。)

 

出来上がった作品は、以前もカセット作品でコラボしていた、カセットテープや中古のオーディオ機器も取り扱う秋田の珈琲屋さん「のら珈琲」セレクトの、味わいのある中古カセットプレーヤーとのセットで販売させてもらうことになりました。感謝!そして同じ秋田在住の須賀亮平くんが素敵なビデオと素敵なロゴマークも作ってくれました。こちらも感謝!

"一点物"というとなんか高尚な感じがするのですが、芸術作品!みたいな気合はちっともありません。むしろ音楽制作に関しては即興演奏の一発録音なので、これまでで一番ゆるい作品です。気軽にBGMとして使ってもらって、どこか愛着のあるものになってくれたら。

なかなか説明にややこしいものを作ってしまったので、ここで詳しくご紹介しようと思います。

ご興味ありましたら、製作の経緯も下に書きましたのでご覧ください〜。

※エンドレステープとは繰り返し同じ内容を再生することができる、両端をつないで輪状にした磁気テープを使用したカセットテープ。

TWO WHEELSの製作にあたって

 

だいぶ長くなりますが、この作品について少し書いてみます。

 

5、6年前から音楽の一点物の作品を作ってみたい、ということで色々と考えていました。録音物としての音楽は複製が当たり前。美術作品では一点ものがたくさんある一方で、録音物としての音楽はあんまりないなあと。中にはあるんでしょうけど。音楽でも何かそういったものを作れないかなと悶々と考えていました。

 

コピーのしづらいデジタルでないものがよくって。レコードのダイレクトカッティングなんかも興味あったのですが、とりあえず自力でやるにはカセットテープが始めやすそうだなあとカセットテープのプロフェッショナル、のら珈琲の森くんに相談したところ、中古のカセットMTR(カセットテープに多重録音する機械)を譲ってくれて。僕は最初からデジタルで音楽制作を始めていたので、初体験のカセットMTRでした。

​本当は普通のカセットテープに一曲ずつ多重録音するつもりだったのが、いざやってみると色々と仕様上の問題が出てきたり、思うところに届かず断念。ぼんやりとアイデアを温めていたところ、エンドレステープという面白い仕様のカセットテープに出会った途端に急にアイデアが出てきて。勢いのまま、森くんに試作品をプレゼントしました。それをお店でBGMとして使ってくれて。忙しい時にテープを裏返さずに再生し続けてくれるのは便利なのだそうです。笑 すごく嬉しかったなあ。

その後、じゃあもう少しアイデアを煮詰めて作ってみようということで、音質やら録音方法やら色々悩みながら、とりあえず5本のカセットテープを作ってみました。

この作品はTWO WHEELS(二つの車輪)という名前を付けましたが、その名の通り、どのテープも2つの楽器の演奏がテープのLとRに分かれてそれぞれ回り続けている約5分間のエンドレスループ作品です。アナログ一発録音(正確には左右なので二発。)なので、細かい編集は出来ません。左をまず一発録音、うまくいったら右を一発録音、という感じでざっくりと作っています。曲により、ギターだったり、ピアノだったり、電子楽器だったりを、実際にその時間分演奏してます。リズムもなく、ゆるーい楽器の演奏が終わりなく続きます。テープが一周してしまうと上書きされてしまうので、ストップウォッチを見ながらの、ちょっと変わった緊張感の中で演奏・録音しています。

 

また、このテープは始まりも終わりもないです。左右で録音の開始位置、終了位置が違うので、音楽が始まるポイント、終わるポイントがありません。僕自身、始まりが本当にわからなくなった作品もありました。笑 テープの使用上、巻戻しも早送りも出来ない(テープが壊れてしまうらしい)ようで。始まりもなく、永遠とただ回り続けるだけ(流行りのサスティナブル!?)、というのは、なんだかBGMとしては僕の中でとてもしっくりきています。

この5本は直接お客さんにお渡しするメディアに録音していくので、全て内容が違いますし、複製を残していないので僕の手元にもありません。最終的な録音は勢いで一気に作ったので、どんな音楽を作ったのかも、実はぼんやりとしか覚えていません。

と、作ったはいいもののどうやって売るかはあんまり考えてなくて、また森くんに相談。(頼りきり。笑)

 

森くんからはプレーヤーとセットが良さそうとのアイデアを頂き(というかほぼお任せ!)、森くんの方で中古のカセットプレーヤーを選んでもらって、セットで販売させてもらえることになりました。(お店は秋田なので気軽に伺えず。僕も実際の機械で聴いてみたい。笑)

​加えて、前にのら珈琲と「Hei」というカセットテープ+珈琲豆のセットでコラボした時に映像を作ってくれた須賀亮平くんが、今回も素敵な映像を作ってくださいました。映像に使われていたロゴマークがとても素敵だったので、ガッツリ使わせてもらっちゃいました。
 

​二人には本当に感謝です。

まあ、一点物といっても、高尚な芸術作品のような高い価値がつく物を作りたかったわけではなくて。物理的には世界に一つだけのものではあるけれど、カセットテープというメディアをゆるく楽しんでもらえるようなBGM作品を作ったつもりでいます。録音も直接カセットに録音しているので、音質もクリアではないです。音がヨレヨレしてる箇所もあったり、ローファイな作品です。(そこがBGMとしてはすごくいい感じなのだけど。)僕も作った音楽をちゃんと覚えていないくらいライトに作っているし。気軽に聴きつつ、どこか愛着のあるものになってくれたらいいなあと思っています。

長々と書いてしまいました。読んでくださった方、本当にありがとうございます。

 

この数年で、音楽を作る側はデジタル機材の進化で、ハイクオリティなものが増えてきましたし、聴く側にとっても、簡単に複製できたり、サブスクリプションでたくさんの音楽が聴けたり、インターネット上を音楽が光速で飛び交っている中、逆行するようなスーパーDIYで前時代的なゆるいBGM作品ですが、興味を持ってもらえると嬉しいです。

6/30より、のら珈琲の店頭の販売からスタートするとのことです。ご興味ありましたらぜひチェックしてみてください〜。

/// 以下、のら珈琲より ///

宮内優里×のら珈琲《”TWO WHEELS”》
エンドレステープ+カセットプレーヤー

・初回限定5セット
・店頭販売 6/30(火)〜 ※お取り置き可
・カセットプレーヤーの試聴 6/19(土)〜
・通販受付 7/7(火)〜
※店頭販売優先となりますが、7/7からは店頭販売と通販を同時展開致します。

宮内優里が一本一本制作した本人の手元にも残っていないリアル世界で一本のエンドレステープ《TWO WHEELS》と、のら珈琲がメンテナンスしたスタイルの異なるカセットプレーヤー(すべて完動品)を各種セットにして販売致します。エンドレステープはデッキの再生を止めない限り同じフレーズを永遠に繰り返す特殊なカセットテープのこと。のら珈琲で普段流しているBGMはA面が止まればB面に裏返して再生します。ただ、混んでいる時間は裏返すことができず無音の状態が長く続いてしまう為、エンドレステープを流すことが多いのです。曲の展開が決まっていることで、その場の雰囲気を崩さず持続させることが可能です。お店のBGMとして、料理をしながら、読書をしながら、考え事をしながら、珈琲を淹れながら。宮内優里とのら珈琲が贈る、どんなシチュエーションにも自然と馴染んでしまう、魔法ではなくアナログが醸し出す"気取らない雰囲気"をあなたの側に。


※エンドレステープとは
繰り返し同じ内容を再生できるように、両端をつないで輪状にした磁気テープのことです。